医師の求人情報の効率的な探し方を見つけて転職成功

勤務医をしていました

入院施設のある泌尿器科で5年間ほど勤務医をしていました。
地元では比較的有名な大規模病院で、かなり古くから続いている個人経営の医院です。
いわゆる地域の伝統的な一番の病院として親しまれており、そこで医師として働いていることについては誇りも持っていました。
もともと首都圏の医大に進学した時から、地元に戻って地域医療に携わっていきたいという考えを持っておりましたので、その病院を勤務先と選んだことについては納得もしていました。
しかし、不満点も少なくありませんでしたので、もっと待遇の良い職場への転職を計画し、医師求人情報についてはさまざまな探し方を模索していました。
その結果、医師ジョブでより良い待遇のクリニックへの転職に成功し、大幅な年収アップにもつなげることができたため、転職について考えをお持ちの方の参考になればと考えて体験をお伝えします。
自分が勤務していた病院の待遇面で、最も満足度の低い項目は収入に関することでした。
一般的に医師ならば高い年収を得ている富裕層というイメージもあるかもしれませんが、実態は異なります。
特に自分のような勤務医であれば、基本的には収入に関しては一般的な会社員と同様の月給制となります。
救急対応や夜間勤務などの少ない勤務体系で、勤務医としては比較的時間に余裕のある働き方ではあったのですが、当時の月給の額面でおよそ平均が50万円程度でした。
いわゆるボーナスについては支給のない病院でしたので年収で換算するとだいたい600万円です。
このご時世であれば十分とも言える年収額とも思われるかもしれませんが、贅沢で余裕のある生活ができる金額でもなく、せめて1,000万円程度は稼ぎたいという思いが強くありました。
1,000万円という金額であっても、医師という職務における労働の対価としてはむしろ安すぎるくらいだと考えています。
その責任や専門的で高度な知識、患者と適切なコミュニケーション関係を構築するために必要な人間性、的確な治療技術など、全般的に替えの効かない人材であると自負しています。
それだけの評価を得られる職業であり、自分は底を目指して頑張ってきたというプライドもありました。

勤務医をしていました医師求人情報の探し方